住居確保給付金と家賃支援給付金は別物(19日(水))

住居確保給付金と家賃支援給付金

おはようございます。
オフィス エンレイソウ
エンレイソウ法務事務所
工藤保広です。

今朝の北海道新聞の1面に次の記事が掲載されていました。

家賃支援、6月過去最多 コロナ困窮増で3万5千件

見出しを見ると、一見事業用土地、建物の賃料に対する支援である「家賃支援給付金」についての記事かと思いましたが、中を読むと、生活困窮した住民の家賃を支援する「住居確保給付金」についての記事でした。

コロナ対策の支援制度ですが、大まかには経済産業省や厚生労働省の雇用部門が行っている企業などの事業者向けの支援制度と、総務省や厚生労働省の福祉部門が行っている支援制度に大きく分かれます。

代表的なものとしては、事業者向けの持続化給付金(経済産業省)と住民向けの特別定額給付金(総務省、市区町村)があげられます。

家賃支援については、事業者向けの家賃支援給付金(経済産業省)と住民向けの今回の記事でとりあげられている住居確保給付金(厚生労働省)があります。

記事の住居確保給付金は、コロナ禍以前からあったもので、今回のコロナ禍に伴って制度が拡充されました。概要は、生活が困窮していて家賃の支払いが一時的に困難な方が、各都道府県が認定した自立相談支援機関に申請して、給付金が家主に入るというものです。(家賃支援給付金は申請事業者自身に入る)

ただ、制度改正が急であったり、申請件数が急増したために、申請現場はかなり輻輳しているという話も聞いていました。

記事によれば、支給要件が厳しく使い勝手が悪いとの声もあり、厚生労働省では制度の見直しも視野に入れて検討する方針とのことです。

賃貸住宅に住んでいる場合、借地借家法という法律に基づいて、住んでいる方に対して一定の保護はされており、一度家賃を滞納したから直ちに追い出されるということは一般的にはないので、家賃の支払いが困難な場合は、他の生活経費(光熱水費や公共料金など)の支払い猶予を求めたり、上記の住宅確保給付金の活用をするなど、ある程度落ち着いてできる対応をしていくことができます。

いずれにしても、コロナ禍が長期化する中で、こういった従来からある支援制度も拡充する期間を延長するなど、都度制度の見直しがあり得ますので、対応に苦慮している方は、相談窓口に問い合わせたり報道を注視するなどしていく必要があるでしょう。

今朝の手稲山の麓は薄曇りですが、今日は昨日よりも気温が上がりそうで、札幌でも真夏日予想です。ああ、また暑いのか・・といささかうんざりしますが、くれぐれも皆様ご安全にお過ごしください。

———————————–

【Zoom対応可・申込受付中、8/26(水)午後5時30分~】起業のための個別相談会

————————————

8月下旬から9月にかけて、コワーキングSALOON札幌と共催で集中的に個別相談会を行いますので、活用の検討をされている事業者の皆様のお申込みをお待ちしております。

———————————–

当事務所の新型コロナウイルス感染症対策支援活用のサポートについてはこちらを。
https://enreiso-legal.com/#corona

↑動画制作・漫画家のゴルシさおりさんの制作です。

**********************************
★親切第一で事業者、住民の皆様の課題解決をお手伝い★
オフィス エンレイソウ
エンレイソウ法務事務所
代表・行政書士 工藤 保広
※お問い合わせ等は電子メールかお問い合わせフォームによりお願いいたします。
〒006-0814
札幌市手稲区前田4条13丁目5-11
office.enreiso@gmail.com
Tel.090-6692-2558
FAX.011-398-5574
HP: https://enreiso-legal.com
(株)北海道新事業創造プラザ インキュベーションマネージャー
北海道科学大学未来デザイン学部講師(非常勤)
コワーキングSALOON札幌レギュラーメンバー
JBIA認定インキュベーション・マネージャー
(日本ビジネス・インキュベーション協会)
知的財産管理技能士
著作権相談員(日本行政書士会連合会)
************************************

当事務所へのお問い合わせはこちらからどうぞ↓

【当事務所は、「新北海道スタイル」を実践しています】
引き続き、手洗いや咳エチケットを続けてコロナ禍に負けないようお互い取り組みを続けましょう!

新北海道スタイル安心宣言(オフィスエンレイソウ・行政書士エンレイソウ法務事務所)
新北海道スタイル(道民の皆様へ)
新北海道スタイル(事業者の皆様へ)