★持続化給付金、家賃支援給付金の活用をサポートします。★

家賃支援給付金1

当事務所では、持続化給付金家賃支援給付金の申請についての御相談、事務代行に対応しています。

持続化給付金 家賃支援給付金1

家賃支援給付金2

私は、前職で補助金の制度設計から申請受付、交付までの一連の事務を行った経験を生かして、小規模事業者、中小企業者の皆様の補助金、給付金活用を親切第一でお手伝いいたします

 

※弊所代表は、行政書士登録をしており、行政書士法に基づき報酬を得て申請書類作成の代行を行うことが法律で認められています。

本業務の営業エリア
    • 石狩地域(札幌市、石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、当別町、新篠津村)
    • 空知地域(岩見沢市、美唄市、赤平市、芦別市、夕張市、深川市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、上砂川町、沼田町、北竜町、浦臼町、由仁町、新十津川町、栗山町、雨竜町、長沼町、奈井江町、南幌町、月形町、妹背牛町、秩父別町)

※主に上記のエリアを営業先としていますが、エリア外でもお問合せください。 このたびは、新型コロナウイルス感染症のために、売上の減少などで大変な思いをされている事業者の皆様に、お見舞い申し上げます。 現在新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、個人事業主(フリーランス)、中小企業者(飲食店、観光関連業、各種サービス業等を含む)の皆様におかれましては、その運転資金、資金繰りの状況次第で、どのように対応したらよいかをまとめましたので、まずは、ご一読ください。 また、持続化給付金家賃支援給付金という、要件を満たしており申請すれば国から返済不要のお金がもらえるという制度が開始されています。 これらは、原則電子申請で、電話によるコールセンターが設置されております。 また、弊所代表が所属している北海道行政書士会でも、月、水、金曜日13:00~16:00まで、無料相談窓口を実施しています 申請も自分自身で困難な場合には、申請サポート会場が設置されており予めて訪問の予約をし、確定申告や本人確認資料、売上台帳などの必要書類と申請に必要な内容を予め控えておく書類を作成して、この会場で手続きすれば、受給できる体制となっています。 以上のような状況ですので、税務署の収受印(e-taxであれば受領完了のデータ)のある確定申告書の控えがあれば、電子申請はこれまでの行政の電子申請に比べれば、比較的簡単です。電子申請が難しいという方も確定申告書の控えなどの必要な書類があれば対応ができる方も多いでしょう。 このような状況ですが、それでも申請手続きをサポートしてほしいというご依頼がありましたら、当事務所でも有償で対応させていただきます。 具体的には、

  • コールセンターに問い合わせたり、申請サポート会場に行って手続きする時間が取れない。
  • ネット環境がなくどうしていいかわからない方が周りにいるので、どうにかしたい。

などの場合に状況に応じた、相談対応と申請手続き代行を行います。

当事務所の持続化給付金、家賃支援給付金活用サポートの内容

個別相談(直接対面、オンライン面談、メールによる相談)

個別相談については、お問い合わせフォームにより、希望の日時、場所(直接対面の場合)または方法(オンライン面談の場合の使用希望ソフト(Zoom,Whereby,google meet,skype等)をお知らせください。折り返し、電子メールで連絡し日程、場所、方法等を調整確定し、相談対応いたします。

相談料申請作成等の業務をご依頼いただいた場合は、相談料はいただきません。

——-

直接対面 開始より30分まで5,000円。開始から30分を超えて1時間まで10,000円。以降30分毎に5,000円加算(税込)。※初回に限り5,000円割引。

——-

オンライン面談 開始より60分まで5,000円。開始から60分を超えて90分まで10,000円。以降30分毎に5,000円加算(税込)。 ※代金のお支払いは終了後面談時間により、現金、クレジットカード決済、指定口座への振り込みのいずれかでお願いします。

——-

電子メールによる相談 軽微な内容のものは無料で回答いたします。調査検討に時間を要する場合は、予めその都度、見積をさせていただき、料金について御了解いただいた上で回答します。

支援制度の活用等に当たってのサポート

持続化給付金、家賃支援給付金の申請する際の必要書類の作成等の代行については、御依頼を受けた上で個別に見積もらせていただき、仕様、料金を御確認、了解いただいた上で対応いたします。

給付金申請手続代行
業務 持続化給付金申請手続代行業務、または家賃支援給付金申請代行業務

 

料金 給付金交付申請額の4%(税込。金額は、申請内容により個別に見積もらせていただきます。)

【当事務所のコロナ禍に伴うサポートの考え方】 私は、資金繰りに苦労されている皆様は、次のとおり素早く対応するのがいいと考えており、顧問の税理士等がいる事業者には次のとおり助言しています。
  • 自社の資金繰りを速やかに的確に把握する(顧問の税理士や経理担当の社員に状況を確認し、いつどれだけ運転資金が不足するかを具体的に見込む。)
  • 顧問や信頼できる方に具体的な対応策を協議する(金融機関からの融資、雇用関係の助成金の活用等)
  • 支援策の活用の判断に迷いがある場合は、商工会議所、商工会等の商工団体で相談する。
  • これらを踏まえて、直ちに直接、関係の窓口(金融機関への融資やハローワークへの雇用関係の助成金の活用)の相談をする

※なお、国の中小企業向けの支援策(相談窓口を含む)はこちらのホームページから確認できます。詳しい支援策の活用方法は直接担当の窓口に聞くのが早いです。 緊急性が高い場合、相談先は最小限に絞って的確な対応案を見出し動くことが何より重要と考えます。 顧問の税理士等や経理をしっかり把握している自社の社員がいるのであれば、敢えて回り道して別の士業に聞くより、状況を把握している身の回りの人と相談した上で、支援策の窓口に直接話をするのが、一番です。

しかし現実には、飲食業や旅行業、個人向けのサービス業の方々から次のような声をさらにいただいています。

  • 今後、どのように今後資金繰りをしていったらわからない。
  • 今、示されている国の助成金、給付金や融資の支援制度が複雑すぎてどう使っていいかわからない。
  • 顧問や自社の経理担当の社員などと相談しても、どうしていいかがわからない。
  • そもそも相談相手になるような顧問などがいない。融資も受けたことがない。
  • 外に相談に行こうにも、営業を続けるためには、買い出しや仕込みなどにも時間がとられるので、相談窓口が空いているときに相談に行けない。

そこで、当事務所では、

  • まわりに相談してもどうしていいかわからない。
  • 相談できる方が回りにいない。
  • 商工会議所などの支援機関に相談に行っている時間がない。

という方などを対象に、相談対応をさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。  

本事務所に業務を依頼いただいたお客様の声

本田リエ様

社会課題の解決と事業の成長を両輪とする事業の在り方、この社会的企業へのシフトに取りくんでいる中で、エンレイソウ工藤代表の法律や行政の仕組み、視点を踏まえたコンサルテーションと私たちが描く理想を共有できたお陰で、未来の青図をしっかりと描き整理することができました。 進むべきアプローチの方法を的確に具体的に、わかりやすく指南していただけけます。 これからも様々な展開のために、またご相談させていただきたいと思っています。 ((株)やさしい森代表取締役(ペットフード販売)、NPO法人てとての森理事長(動物愛護活動)

emico様

今まで、一人で試行錯誤してきたから、話きてもらえて、そもそもうれしかったです。 カウンセリングみたいな感じだった! 大切な時間でした。ありがとうございました。(コワーキングSALOON札幌店長)

A様

相談会の感想ですが ・推したいセッションを作った方が良い。その商品説明をブログに積極的にアップする。 ・ブログ内容はキーワードをどんどん出して、つなぎ合わせていくと文章にしやすい など、散らかっていた頭の中を丁寧なアドバイスで整理していただけた感じがありました。 一人で考えていたら、やはりいつまでも、悶々としてたと思います(^^)ありがとうございます。(リラクゼーションサロン起業準備中)

Y様

工藤さんにアドバイスいただいた内容を契約書のひな形として使わせていただいております。インターネットで検索するだけでは何となく不安ですし、きちんと資格を取られた方に助言をいただけて、大変心強く、感謝しております。(海外展開エージェント)

K様

勉強熱心で親身になって相談にのってくれますよ(コワーキングSALOON札幌管理人)

 

行政書士、認定インキュベーション・マネージャー・札幌商工会議所 会員証
【対応者】 工藤保広行政書士JBIA認定インキュベーション・マネージャーさっぽろサムライ倶楽部会員(事務局 札幌商工会議所))

1968(昭和43)年生まれ、北海道北広島市出身。オフィス エンレイソウ・行政書士エンレイソウ法務事務所 代表(所在地~北海道札幌市手稲区)。 地方行政の立場で、二十余年様々な中小企業に対する相談や支援の対応を関係機関と連携しながら取り組んだ後、オフィス エンレイソウ・行政書士エンレイソウ法務事務所を独立開業し、現在に至る。 産業支援機関、商工会議所、自治体、コワーキングSALOON札幌での起業や事業計画についてのセミナー、ワークショップ、相談対応や、事業者の公的支援の活用に当たっての申請書、事業計画書等の各種書類の作成代行などを行う。主に石狩、空知、上川地域の事業者の問題解決支援を生業としている。 ※行政書士は、行政手続きを行う街の法律家で国家資格を得ています。個別の相談案件等には守秘義務がありますので、安心してご相談ください。 ※認定インキュベーション・マネージャーは、日本ビジネス・インキュベーション協会の認定資格です。日本ビジネス・インキュベーション協会では、今回の新型コロナウイルス感染症対策の支援制度の情報発信などを行っており、道内各地域での企業支援に取り込んでいる資格者も多数おります。 ※国の支援制度については、今の時点で細目が決まっていないものや今後新たに制度化されてるものが出てくる可能性もあるので、回答時点での情報を踏まえてのご回答となりますことをご了解ください。 ※申し込みの際にいただきました個人情報については、こちらの方針により適切に取り扱いいたします。
 
不明な点やお問い合わせはこちらからどうぞ↓